ドコモ光15715『最大に得する申込方法』

結局のところどこが一番最強のプロバイダなのか?

ドコモ光の導入を検討している人は、とにかく安くて、回線が安定していて、キャッシュバックが確実に受け取れるところを選びましょう。

当サイトでは、光回線のサイトやモバイルWi-Fiのサイトを長年にわたって運営してきた私が、あらゆる切り口からドコモ光のプロバイダーを比較検証しています。

ドコモ光のプロバイダーの中で、月額料金の安さや、キャッシュバックの高額さ、オプションの豊富さなどあらゆる切り口から多角的に分析していきたいと思います。

キャッシュバックキャンペーンが高額でも申請が複雑で受け取れなかったみたいなことにならないように、当サイトを参考にしてください。

ドコモ光で一番特典が多くて安いプロバイダ

ドコモ光の一番得するプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」でしょう。

なぜかというと、ドコモ光のすべてのプロバイダの中で回線のスピードや安定性の口コミが高評価で、オプション不要で2万円もキャッシュバックがもらえたり、ユーザーにとってとにかくお得なメリットが多いです。

なお、ドコモ光と契約するときは代理店を使うのはおすすめできません。

代理店などからドコモ光を申し込むと、手続きが複雑になっていてキャッシュバックがもらえなかったりします。

詳しくは当サイトの別の章で解説しています。

ドコモ光を検討中で、GMOとくとくBBから申し込みたいという人は、下記のページから申し込めば簡単にキャッシュバック手続きを済ますことができます。

ドコモ光のプロバイダを変えると何が変わるのか?

ドコモ光のプロバイダを変えると具体的に何が変わるのかを見ていきましょう!

光回線自体はドコモ光だったとしても、プロバイダーを変えるだけで次のような箇所が変わってきます。

キャッシュバックキャンペーンの総額、ルーターが無料かどうか、回線の実測スピードなど。

どういった基準で選べばいいのか一つずつ見ていきたいと思います。

選び方1 毎月の料金が安いタイプかどうか

そもそもとしてドコモ光はどこのプロバイダで契約するかによって月額料金が違ってきます。

料金が数百円高いタイプBと安いタイプAがあります。それぞれの対応プロバイダは以下になります。

戸建て月額料金 タイプA:5,720円 タイプB:5,940円

マンション月額料金 タイプA:4,400円 タイプB:4,620円

タイプA:ドコモnet、ぷらら、ビッグローブ、DTI、GMOとくとくBB、@nifty

タイプB:OCN、@Tcom、AsahiNet、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

実を言うと、このタイプというのは回線が速いとか遅いとかそういう問題ではなくて、ドコモとどういう契約体系をしているかによるのです。

正直言ってどちらのタイプを選んでも回線速度やオプションなどに違いはありませんので、安い方を選んだ方がいいに決まっています。

タイプAの方が数百円安いのですが、1年、2年という長期スパンで考えると何千円もの違いになるので、安い方を選びましょう。

上記にはないタイプのプロバイダでも契約できますが、月額料金はもっと高くなるのでおすすめしません。

選び方2 回線速度は速くて安定しているかどうか

次のポイントとして、回線速度はどれくらいのスピードが出て、快適性はどれくらいあるのかをチェックしましょう。

そもそもドコモ光の最高速度というのは最大で1Gbpsとなっていますが、これはベストエフォートといって理想的な数値に過ぎません。

光回線などのインターネット回線の本当の実測値をしるためには、実際に今現在ドコモ光を利用している人の情報を信頼するのがいいですね。

GMOとくとくBB 284.7Mbps

ドコモnet 253.5Mbps

OCN 236.0Mbps

@nifty 203.9Mbps

ハイホー 100.8Mbps

上の一覧のようにドコモ光はプロバイダによって約100Mbpsくらいも平均速度が違ってきます。

ではなぜこれだけの差が生まれるのでしょうか?それは最新のv6という規格に対応しているかどうかの違いなんです。

また他にも、レンタルしている端末の違いや、プロバイダと自宅との距離などによっても回線速度が変わるので、できるだけ利用者の口コミを参考にするのがおすすめです。

選び方3 Wi-Fiルーターが無料かどうか

また次のプロバイダの選び方のコツとしては、無料でWi-Fiルーターが使えるかどうかをチェックしましょう。

ゲームやスマホでも直接回線に接続しないで自宅のWi-Fiから接続している人が多いのではないでしょうか。

プロバイダによってはWi-Fiルーターの端末を無料でもらえるところと、自分で用意しないといけないところがあります。

Wi-Fiの端末を無償で貸し出してくれるところと自分で用意しなければいけないところには次のようなところがあります。

無料レンタルあり:ぷらら、ビッグローブ、OCN、hi-ho、GMOとくとくBB、@nifty

無料レンタルなし:ドコモnet、DTI、@Tcom、AsahiNet、WAKWAK、エディオンネット

たとえばですが、ドコモネットでは端末をレンタルすると毎月約300円、購入すると7000円くらいかかってしまいます。

もっといってしまうと、端末選びを間違えると回線の安定性が悪くて、接続できなかったりというトラブルに見舞われることもあります。

端末について詳しくわからないという人は、無料で端末をレンタルしているところを選びましょう。

選び方4 キャッシュバックキャンペーンの豪華さ

選び方の4つめのコツとしては、キャッシュバックキャンペーンをやっているかどうかです。

主要なプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは以下のようになっています。

GMOとくとくBB CB額:20,000円 受取時期:5ヶ月後

OCN CB額:20,000円 受取時期:2ヶ月後

@nifty CB額:20,000円 受取時期:12ヶ月後

plala CB額:15,000円 受取時期:5ヶ月後

これらのプロバイダ以外でキャッシュバックはやっていないのでもらうことはできません。

どこのプロバイダを選択しても、ドコモ光の料金や最高速度は同じになります。なので、ドコモ光を契約するなら一番特典が豊富なプロバイダから選びましょう。

ちなみに、どのプロバイダからドコモ光を契約したとしても、ドコモ光本体が行っている工事費無料キャンペーンは適用することができるのでご安心ください。

ドコモ光の優秀なトップクラスのプロバイダを比較!

では、ここまでのポイントを踏まえて、主なプロバイダの比較表を見てみましょう!

GMOとくとくBB 平均速度:284.7Mbps CB額:20,000円

ぷらら 平均速度:228.4Mbps CB額:15,000円

@nifty 平均速度:203.9Mbps CB額:20,000円

hi-ho 平均速度:100.8Mbps CB額:なし

ビッグローブ 平均速度:240.3Mbps CB額:なし

すべての条件を満たしているのが「GMOとくとくBB」になります。安いタイプの料金で、回線速度も速くて安定していて、キャッシュバックも高額です!

昨今の在宅勤務の影響で、ズームなどのオンライン会議やテレワークなどで、安定した高速インターネットが重要になってきています。

インターネット環境をせっかく整えるのであるならば、回線速度が速いほうがいいに決まってますよね。

一番おすすめのプロバイダは間違いなく「GMOとくとくBB」です

あらゆる切り口からおすすめできるのは「GMOとくとくBB」ですね。回線の速度も速くて安定していて、キャンペーンも充実しています。

スマホやパソコンやゲーム機でWi-Fiを使いたい人も、最新機種のルーター端末を無料で貸し出してくれるので、おすすめです!

GMOとくとくBBはプロバイダの公式サイトから契約するのが一番おすすめです。下記のリンクから申し込むと2万円のキャッシュバックがもらえます!

GMOとくとくBBのメリット3つ

メリット1 スピードが安定していて速い!

GMOとくとくBBでは、実際のお客さんの回線スピードを毎月公開していて、最近のでいうとダウンロードスピードが平均で約340mpbsくらい、アップロードスピードが平均で300Mbpsくらいとなっています。

GMOとくとくBB以外の競合他社のプロバイダを見てみると、実際の生データなんて公開していないので、どれだけ自信を持っているかがわかりますね。

いろいろなサイトの口コミ情報をチェックしてみると、800Mbpsを超える人も多数報告されていました。

GMOとくとくBBに直接、なぜこんなにも回線速度が速くて安定しているのか問い合わせて見たところ、設備投資をかなりしているとのことです。

他にも、プレステやスイッチなどのゲーム機でも快適に使えるという口コミがたくさん寄せられています。

快適につながるネット環境は欠かせませんよね。実際に楽しんでいる口コミが多いと信頼感が抜群にあります。

メリット2 高額な機材を無料でレンタルできる!

GMOとくとくBBでは通販で購入すると万単位のルーターを無料でレンタルしてくれます。

また、このルーター端末は初期設定が完全に終わった状態で発送されてくるので、USBやACアダプタなどをつないだらすぐに使うことができます。

機材に詳しくない人やパソコンの設定が面倒だというひとは、この設定済みはとてもいいですよね。

ドコモ光の工事日程が決まると、Wi-Fiルーターの手続き案内が届きます。

光回線の工事が終わったらすぐに使えるように、ルーターのSMSが来たらすぐに手続きをしておきましょう。

メリット3 オプションつけなくても2万円の現金

GMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を契約すると、オプションを一切つけずに2万円の現金をもらうことができます。

2万円もらえるプロバイダといえば、@niftyもありますが、こちらは、スカパーなどいろいろなオプションをつけてこそもらえるものなので、GMOとくとくBBがどれだけお得かがわかりますよね。

たとえばキャッシュバックがギフト券やポイントだったりするところもありますが、こういうところはそのお店でしか使えないので利便性が悪くて、現金でのキャッシュバックがもらえるプロバイダが一番おすすめです。

こういった点では、GMOとくとくBBなら5ヶ月後に現金で振り込んでもらえるので、とても便利ですね。

GMOとくとくBBのデメリットについて

デメリット1 回線スピードが安定しないときもある

回線速度が超高速だと有名なGMOとくとくBBですが、たまには遅くなってしまうこともあります。

インターネットのスピードはその住宅が建っている立地や部屋の場所や周辺のマンション構造などによっても大きく違ってくるので、実際に回線を引き込んで使ってみるまではわからないこともあります。

ですが、工事の時間やお金などをさいて光ファイバーを導入したわけですから、できる限り早いほうがいいに決まっています。

ネット回線を使っていてたまに遅くなってしまったら、v6プラスに切り替わっているかを調べてみましょう。

GMOとくとくBBの回線速度が遅いときは、v6プラスで接続できているかチェックできるサイトにアクセスして、v6プラスで接続されているかを確認しましょう。

v6プラスというのは、GMOとくとくBBから無償でレンタルしているWi-Fi端末を持っていればつなぐだけで使うことができます。

v6プラス接続を実際に利用しているお客さんの口コミを見てみると、かなり早くなったという口コミをよく見かけますね。

v6プラスになっているのに回線速度が遅かったりした場合は、LANケーブルを新品にしてみたりしましょう。

デメリット2 キャッシュバックの申請に注意が必要

GMOとくとくBBは、光ファイバーが開通してから4ヶ月目にキャッシュバックの案内通知メールが送られてきます。

この申請の案内メールが送られてくるのは、ドコモ光を契約したときに登録したメールアドレスに送られてくるので注意しましょう。

どういうことかというと、GMOとくとくBBのキャッシュバック案内メールは、自分のメールボックスを見ているだけではだめで、自分でアクセスする必要があります。

なので、GMOとくとくBBのキャッシュバック申請通知メールが4ヶ月後に来るということをスマホのスケジュールなどにいれておいて忘れないようにしましょう。

キャッシュバック申請は期限があって、メールが到着した翌月の末日までとなっております。経過してしまうともらえないので注意しましょう。

プロバイダだけを変更するには?

ドコモ光のプロバイダ変更方法や費用を確認しておきましょう。

自分が選んだプロバイダが合っていないと思ったら下記のようなステップを踏めば変更ができてしまいます。

1,ショップやお客様センターに電話をする

2,変更の書類が送られてくる

プロバイダ変更の申し込みから切り替えまでは1,2週間くらいかかりますが、自分で日程を調整することもできます。

なお、ドコモのお客様センターはドコモの携帯から151ですぐに接続することができます。

カスタマーサポートが混み合っているときは、ドコモの公式サイトから電話の予約を入れることができるので活用してみてください。

プロバイダを変更すると事務手数料として約3000円かかりますが、この3000円は翌月のドコモ光の月額料金から引き落とされます。

ドコモ光で一番最安のプロバイダとは?

ドコモ光のプロバイダは結局のところどこが一番お得なのでしょうか。

そもそもドコモ光はプロバイダを選び間違えると数万円も損したり得したりします。

数あるプロバイダの中でも、とくに高額なキャッシュバックがあって、月額割引もあって、回線スピードも安定性も抜群なのが、「GMOとくとくBB」です。

当サイトでは長年の光回線比較サイト運営実績から導き出した、圧倒的な情報量を元に、一番得するプロバイダを検証しています。

当サイトを一度読んでいただければ、ドコモ光のプロバイダで一番得するところがわかっていただけると思います。

プロバイダ選びで最重要なポイント

一番得して、満足感があるようなプロバイダを選び抜くためのコツなどをここでは詳細に解説していきたいと思います。

ですが、ポイントを見極める前にプロバイダとはなんぞやという基礎的なことについて解説しておきたいと思います。

プロバイダというのはエンドユーザーの個人と回線業者をつなぐ役割をしている仲介業者で、プロバイダがなければインターネットが成り立ちません。

だいたいの光回線はプロバイダとセットでの申し込みとなっているところが多いですが、別個に契約することもできるのです。

最近になってプロバイダのキャンペーンが手厚くなっていて、月額割引や高額キャッシュバックやゲーム機プレゼントなど多彩な特典が用意されています。

ドコモ光で選べるプロバイダには、GMOとくとくBB、DTI、ぷらら、ドコモネット、などなど多彩なラインナップがあります。

とはいっても、キャンペーンなどの特典の充実度は各社異なっていて、プロバイダ選びを間違えると大幅に損してしまう可能性もありますので慎重に選びましょう。

ポイント1 現金キャッシュバック

ドコモ光の公式サイトや、店舗から申し込むのではなくて、プロバイダのキャンペーンを通じて申し込むことにより、独自の特典を手に入れることができます。

ちなみに、独自のキャンペーンを最も最高額受け取ろうと思ったら、オプション条件が不要で、一番高額のキャッシュをバックしているところを選びましょう。

たとえばですが、GMOとくとくBBのキャンペーンだったら2万円もの高額のキャッシュバックをしていて、ドコモ光の数あるプロバイダの中では一番高い金額となっています。

ポイント2 毎月の料金が安いかどうか

ドコモ光で選択できるプロバイダは自分で選べますが、毎月の支払金額はタイプが3つになっていて、一番おすすめなのがタイプAとなっています。

タイプAの方が安いからなんか質が悪いんじゃないかと勘ぐりたくなってしまいますが、実はこれはプロバイダとドコモとの契約料の違いなので、質自体には何の違いもありません。

なお、AタイプとBタイプ以外にも、単独タイプと呼ばれているプロバイダがないプランだと、基本料金が安くなる代わりにプロバイダを別で契約する必要があります。

ポイント3 ルーターや機器の無料レンタル

ドコモ光の数あるプロバイダには、インターネットをする上で必須となっているWi-Fi端末を無料で貸し出しているところもたくさんあります。

Wi-Fiルーターを接続することにより、家中どこにいてもタブレットやパソコンやスマホで光回線を楽しむことができるので、端末はあった方がいいですね。

プロバイダの中には超高性能な高額な端末を無料でもらえるところもあるので、Wi-Fiルーターをすでにもっているという人でも、さらにバージョンアップされた機種を手に入れる機械なのではないでしょうか。

ポイント4 セキュリティがしっかりしているか?

ドコモ光のプロバイダによっては無料のオプションとしてウイルスソフトを使えるところもあります。

無料でウイルスソフトが使えるのは1,2年くらいとなっていて、パソコンやスマホを安全に光回線に接続できる無料レンタルに対応しているプロバイダを選びましょう。

ポイント5 回線速度と安定性

ドコモ光のダウンロードの最高速度は1Gbpsとなっていますが、プロバイダの選び方を間違えると十分の一くらいになってしまうことも十分あり得ます。

そもそもインターネットというのはエリアごとに基地局が設置されていますが、そのエリアごとにプロバイダの設備が設置されています。

さらに、基地局に対する利用者が多ければ多いほど混雑するので、通信速度がどうしても遅くなってしまう可能性があります。

この混雑の対処法としては、v6プラスという接続方式を採用しているプロバイダを契約して、v6プラス接続ができる端末を選ぶことが大切になってきます。

v6プラスという接続方式なら、アクセスが集中する箇所が解消されるので、混雑して回線が不安定になったり速度が極端に遅くなったりということを避けられます。

以上、ドコモ光のプロバイダを選び抜くコツをたくさん解説してきましたが、すべてのいい条件を満たしているのはダントツで「GMOとくとくBB」なので、ドコモ光を検討している人はぜひおすすめです!

最強に得するプロバイダはこれしかない

ドコモ光を契約するときにどのプロバイダが一番お得なのか、何個かのプロバイダを一覧表にしてみました。

v6プラスというのは、プロバイダの接続方式で、最新の接続技術なので高速で混雑しないようになっています。

エリア内で光回線が混雑しているとたまに遅くなったりしますが、そういった心配が少ない接続方式です。

v6プラスを使っていて回線が遅いという口コミを見たことがないくらいの早さで、v6プラス方式を採用しているプロバイダがそういう意味でもおすすめです。

GMOとくとくBB キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

@nifty 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

ぷらら 15,000円 キャッシュバック:15,000円 タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

OCN 20,000円 キャッシュバック:20,000円 タイプA:× 無料ルーターレンタル:× 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

DTI キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

BIGLOBE キャッシュバック:なし タイプA:◯ 無料ルーターレンタル:◯ 無料セキュリティ:◯ v6プラス対応:◯

上記の一覧表のように、GMOとくとくBBなどは2万円もの業界最高峰のキャッシュバックキャンペーンがあります。

GMOとくとくBBはさらに、無料でもらえるWi-Fi端末があるので、かなりメリットが多いといえるでしょう。

GMOとくとくBBでもらえる端末は高価なものが多いので、最高速度が非常に速い商品のラインナップがそろっています。

どれくらい高速なのかを表すために、GMOとくとくBB以外の端末と比較してみたのが下記の一覧表になります。

GMOとくとくBB WSR-2533DHP3(BUFFALO) 小売価格:約9000円 1733Mbps 800Mbps

ぷらら WN-AX1167GR2(IODATA) 小売価格:約5000円 867Mbps 300Mbps

@nifty WRC-1167GST2H(ELECOM) 小売価格:約7000円 867Mbps 300Mbps

以上のように比較してみると、GMOとくとくBBで無料でもらえるルーター端末が他のプロバイダでもらえるものを圧倒的に引き離しています。

すべての端末で2つの帯域を使用することが可能ですが、それぞれの帯域で最高速度が違っていて、その速度が価格に反映されています。最高速度が出る方が効果になっています。

v6プラスの光回線が使えるので、Wi-Fiルーターはできる限り早く、高価なものを手に入れることをおすすめしています。

最新の超高速のルーター端末を無料で手に入れられるのですから、GMOとくとくBBは他のプロバイダをサービス面で引き離していると思います。

なので、ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです!

最強のプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは東証一部上場のGMOインターネットが経営しているプロバイダで、光回線を導入する場合はとにかく最強クラスにおすすめです。

GMOとくとくBBならオプションをつける必要なしで2万円と、ドコモ光のプロバイダで最高峰の現金をもらえるほか、以下のような特典ももらうことができます。

1,dポイント最大2,000pt

2,Wi-Fiルーター無料レンタル(v6プラス対応)

3,ドコモ光専用無料訪問サポート(1回)

4,セキュリティ1年間無料(マカフィー)

これらのような特典が無料でたくさんもらえるので、これから光回線を安心して快適に使えると思います。

ドコモ光を公式サイトから契約すると、ドコモのポイントが1万ポイントもらえるだけですが、GMOとくとくBBを経由して申し込むことにより2万円もの現金がすぐにもらえます。

たとえばですが、契約期間が2年間だったとして、キャッシュバック金額を2年間の総額から引くと、1ヶ月あたりの実質的な月額はかなり安くなると思います。

もしドコモ光公式サイトからキャッシュバックなしで申し込んだら月額がだいたい4500円くらいになり、GMOとくとくBBのキャッシュバックで割引をしたら3800円くらいになります。

GMOとくとくBBなら実質月額料金がかなり安いというメリットがありますが、さらにいいところは通信速度がハイスピードで安定しているというところではないでしょうか。

GMOとくとくBBなら、高速で混雑なく使えるv6プラスの接続ができて、最高速度が段違いな端末を無償でレンタルしてくれて、圧倒的にダントツでおすすめのプロバイダです。

GMOとくとくBBの場合は回線速度が安定していて高速だという口コミがネット上に多く散見されていて信頼感も抜群です。

プロバイダを変えたいときの変更方法と注意点

ドコモ光を現在使用中のお客さんであれば、プロバイダの変更について検討している人も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ドコモ光のプロバイダを変更する時の注意点などについて解説していきたいと思います。

プロバイダ変更料金とは

ドコモ光でプロバイダを変更する時は、基本的に以下のような料金が発生するようになっています。

ドコモ自体の事務手数料が約3000円とプロバイダ自体の解約金や違約金など。

また、単独タイプからAタイプ、Bタイプへの変更の場合は事務手数料がかかりません。

ちなみに、プロバイダの解約などの手続きはドコモ光がやってくれるので楽ちんです。

しかし、オプションの解約などについては、ご自身でプロバイダに連絡をして解約をする必要があります。

カスタマーセンターに連絡して変更する

プロバイダの基本仕様だけなのであれば、以下のようなステップによってプロバイダを変更できます。

ドコモ光のプロバイダ変更手順というのは、カスタマーセンターへ連絡してショップに行くという手順になります。

ですが、プロバイダのオプションに加入しているときは、自分からプロバイダに連絡する必要があります。

プロバイダへの連絡が追加で必要かどうかはドコモ光に確認してみましょう。

プロバイダ変更にメリットはあるのか?

プロバイダの変更は事務手数料が3300円と少額のコストでまかなえるため、現在使っているプロバイダに不満な点があれば、すぐに乗り換えてもいいと思います。

そもそもドコモ光のプロバイダを変更しようとしている人は、回線速度が遅かったり、つながりにくくなったりという不満な点を抱えていると思います。

こういう回線速度の不安定性に不満足感をもっているお客様はGMOとくとくBBなどのようにv6プラスの接続技術をもっているプロバイダに乗り換えましょう。

公式のキャンペーンとプロバイダのキャンペーンがある

プロバイダの独自のキャンペーン以外にも、ドコモ光が公式サイトでやっているキャンペーンを同時並列的に受け取ることができます。

ドコモが公式サイトでやっているキャンペーンとしては、工事費が無料になるものと、ドコモ光セット割りという2つの割引があります。

ドコモスマホ利用なら割引できる

ドコモ光セット割りというのは、ドコモの携帯電話を契約している利用者が、ドコモ光を導入した場合に、月額料金から回線の数x1100円の割引をしているという太っ腹なキャンペーンとなっています。

一例をあげると、家族3人でドコモの携帯電話を契約している場合の割引額は以下のようになっています。

戸建てプラン 月額料金:5,720円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:2,420円

マンションプラン 月額料金:4,400円 割引額:3,300円 割引後の月額料金:1,100円

上記のように、家族みんながドコモユーザーだったら、ドコモ光を導入したらかなりお得になることが一目瞭然ですね。

工事費用が無料になる

ドコモ光では工事費無料キャンペーンというものも実施しています。

ドコモ光の工事費はマンションと一軒家で違いますが、約15000円から2万円くらいが無料になります。

なので、ドコモ光を新規契約して7ヶ月以内に使い始めることにより工事費が無料になってしまうのです。

ですが、NTTの回線を現在使用している人は、キャンペーンがなかったとしても工事費無料になります。

ドコモ光に関する疑問点

ここまではドコモ光の回線についての仕組みや、お得なプロバイダなどについて解説してきましたが、最後によくある質問をまとめてみたので、是非ご覧ください。

ドコモ光の回線でゲームをやるときに最適なプロバイダはありますか?

ドコモ光でプレステやスイッチなどのゲーム機を快適に使いたいときは、混雑が起こりにくい快適性が抜群なv6プラスを使っているプロバイダを選びましょう。

ドコモ光の中でも数あるプロバイダでGMOとくとくBBは高機能なWi-Fiルーターを無料で貸し出していてとても評判がいいプロバイダとなっております。

プロバイダがv6プラスの接続方式になっているところは、スマートな接続ができるので、快適なネットライフを送れると思います。

引っ越しするときはプロバイダへの連絡も必要ですか?

ドコモ光のサービスを移転させるには、プロバイダに別段として連絡する必要性はなく、ドコモ本体のお客様サポートから手続きを済ますことができます。

なお、ドコモの公式から移転手続きをすると、ドコモの専用ポイントがもらえるので、お得になりますよね。

移転先においては回線工事が必要なパターンもあるので、最低でも2週間以上前からは手続きを済ませておきましょう。

ドコモ光の回線でテレビを見れますか?

ドコモ光のテレビオプションというオプションをつけると、テレビのアンテナを設置せずにBS放送や地デジを見ることができます。4Kにももちろん対応しています。

テレビオプションは毎月825円かかって、オプションでスカパーや有料放送を見ることができます。

NTTのひかり電話をドコモ光の電話に転用する場合の手続き

転用するときは手続きが必須で、転用した場合には電話番号が継続となります。

なお、ドコモ光の回線契約と、光電話の契約を同時申し込みすると、工事費用はかかりませんのでお得になります。

プロバイダだけを変えたいのですが?

ドコモ光を契約したあとでもプロバイダの変更はできます。プロバイダの変更はドコモショップから手続きをしましょう。

変更はできますが、プロバイダの変更手数料として3300円かかりますし、プロバイダを変えることによってドコモ光の基本料金自体もかわってきます。

光回線の終端装置がある場合

作業員の工事がなくて、ドコモ光に申しこんで、ドコモ光を開通させるためには、以下のような理由があります。

フレッツ光やソフトバンク光やauひかりなどからドコモ光へ乗り換えるときに、光回線がすでに導入されていて、光コンセントが使える場合。

こういったパターンの場合には、既存の光ファイバーを活用して、すぐにでもドコモ光を開通させることが可能です。

ですが、派遣なしの工事のパターンでも、手数料として約2000円が必要になります。